外壁塗装やエクステリアリフォーム~室外工事の特殊部隊~

作業員

庭をリフォームする

エクステリア製品の新しい動き

エクステリア

エクステリア製品にもいろいろありますが、現在の共通のキーワードがエコや省エネということです。地球温暖化を踏まえて外壁を緑化する建物が増えています。以前からツタを絡ませた家はありましたが、最近は南側全面を緑のカーテンで覆うような景色も見られます。南側を覆うことで室内も涼しくなるという効果も期待できるわけです。エクステリアとしてのことも考えると選ぶ植物も管理がし易くて見た目も美しいものが選ばれます。屋上の緑化は既に当たり前になっています。都心部を上空から眺めると多くのビルの屋上の緑化が確認できます。エコという視点では空いた敷地や庭を使ってビオトープを作ることが始まっています。生態系の維持には重要なことです。

自然環境を維持するためには多少コストが掛かる

従来のエクステリアは出来るだけ維持管理のしやすいものが中心に選ばれていました。しかしながら、最近のエコや省エネを考えると必ずしも維持コストが安いとは言えなくなっています。地球温暖化は人類すべてが今後のことを考えれば取り組まなければならない重要な課題です。エクステイリアの世界でもこうした流れを意識した商品がたくさん出て来ています。もちろん出来るだけ維持コストのかからないような工夫はされていますが、以前の商品に比べるとイニシャルコストもランニングコストも余計にかかるものが増えているのは事実です。エクステリアはいろいろな人の目に最初に入りますので取り組んでいる姿勢を見てもらうのには最適ですから、必ず評価されることになります